初めてお金借りる場合は異動情報に注意する

初めてお金借りるとき、異動情報に注意しなければなりません。

一見すると聞きなれない言葉ですが、これはいわゆるブラックリストに載っていると言われる状態です。

どの金融機関でもカードローンなどの契約を行うときに審査が行われ、個人信用情報機関で信用情報の確認を行います。

このときに異動情報が記録されていれば銀行や大手の消費者金融の審査に通りません。

この情報はカードローンやクレジットカードの支払いの遅延を2、3か月続けた場合や債務整理を行った場合に記録されます。

そのため、初めてお金借りる場合でも、これまでに携帯電話の支払いをクレジットカード払いにして滞納した経験があると記録されており、審査に落ちることがあります。

この異動情報は一定期間経過すれば削除されます。

記録された原因によって保持される期間は異なりますが、5年から10年は残ります。

気になる場合、個人信用情報機関に開示を要求して、異動情報が記録されているか確認できます。

 

現金主義の弱点は初めてお金借りるときに

借金が嫌いだからといって現金主義だという人は多いものですが、この現金主義の弱点はいざ初めてお金借りるときに審査に通りにくくなってしまったりすることがあるということです。

信用情報というのは5年経過すれば全て消えてしまうのが、初めてお金借りる際に不利になる理由であり例えば自己破産などをした人が5年経過した場合、過去の金融事故の記録が消えてしまいます。

そして、それと同じように今まで借金をしたことが無いという人であっても当然借金の記録というのがありませんから、信用情報には何の情報も登録されていません。

すると、一定の年齢の人の場合過去に金融事故を起こしたことが無い人と、その逆に一度も借金をしたことが無い人というのは区別をつけることができません。

そのため、一度も借金をしたことが無い人であっても金融事故を起こしたのではないかと思われて、借金をしづらくなってしまうということがあるのです。

現金主義であっても、急にお金を借りる必要ができる時はありますからクレジットカードを作るなどして、ある程度実績を作っておいたほうがいざという時に便利なのです。

初めてお金借りる時には家族カードがオススメです

いくつになっても、初めての経験はあります。

そして、それは大人になっていてもやはり少し緊張を伴います。

初めてお金借りる時は、特に不安に襲われることがでてきます。

それだけ、初めてお金借りる問題は慎重さが必要だからです。

どこが、オススメかもわからないときには家族カードが利用できます。

名義自体は、自分でも契約しているのが家族になるので万が一の返済も大丈夫です。

家族カードは、その契約している人と同じサービスを受けることができます。

そのために、ショッピング枠やキャッシングの限度額も同じだけ使用できます。

手続きもなく、ただカードを機械に入れて暗証番号を入力するだけでお金を借りることができます。

初めての場合でも、審査などは一切ありません。

ただ、利用したときのは確認のハガキが自宅に届きます。

この返済は、他のショッピングなどの明細と合計して口座から引き落としがあります。

そのために、支払いを忘れることもありません。

初めてお金借りる場合の勤続年数は重要です

初めてお金借りる際など、各金融機関に色々な個人情報を申告することになります。

住所、氏名は当然のこと、主なものに勤務先や勤続年数などの情報を正確に申込書に記入し提出します。

それをもとに各金融機関が融資の審査を行うという流れです。

この項目の中で気になるのが勤続年数です。

今時、転職は珍しいものではなく自分のキャリアアップのために進んでする場合や、会社都合によるやむ得ない場合など色々な理由があり非正規雇用になる場合もあります。

各金融機関が設けている勤続年数の条件それぞれで、3年以上を求めるところや1年で良いとするところもありますが、これは融資を受ける人の雇用形態の影響もあります。

たとえ初めてお金借りる場合でも、金融機関は一定期間以上にわたっての安定した収入を重要視する傾向にありますのでアルバイトなどの非正規雇用は慎重になります。

一般的な会社員なら1年以上あれば問題ないとされる勤続年数も、非正規雇用なら3年程度あれば厳しい審査にもスムースに通る傾向があります。

初めてお金借りるときにクレジットヒストリーがないとどうなるか

今まで、キャッシングはおろかクレジットカードも使用したことがないという人が、初めてお金借りるときには一定の収入があれば問題なくお金を借りることができると思いがちですが、このような人は意外に審査に通らなかったりしてしまうことがあるのです。

借金が嫌いだということでクレジットカードすら使ったことがないという人も少なくありませんが、クレジットカードの支払い履歴であるクレジットヒストリーというのも重要な信用情報のひとつであり、クレジットヒストリーのあるなしでもお金の借りやすさというのは変わってきます。

というのも金融機関では、過去五年の借金の状況である信用情報というのを元に融資を行うか判断をするのですが、これはそれ以前の情報は消えてしまうので何か事故があって五年間借金ができなかったのか、単純に五年間借金をしたことが無かったのか判断がつきません。

そうなると、初めてお金借りる人であっても過去に事故を起こした人で無いかと判断をされてしまい、融資を受けることができなくなってしまうのです。

そのため、いざという時に困ってしまうこともあるので借金が嫌いという人でも、クレジットカードなどを持って実績を作っておく意味はあるのです。

初めてお金借りる時の注意点について

初めてお金借りる際に注意しておきたい点としては、借りたお金には金利がつくという点です。

お金を借りるということは何らかの事情で懐事情が厳しくて精神的にも余裕がない場合が多いですので、ローン契約をして無事に審査に受かるとほっとした気持ちになり、金利のことを一瞬忘れてしまうこともあるのです。

これが後になってなかなか完済しないといった事態に繋がるケースも多いですので、初めてお金借りる場合はこの点を注意しておかねばなりません。

金利の計算方法は、例えば年利10%というローンの場合、1年間で10%の利子がついてしまうということなのです。

10万円を借り、1年間返済しなければ1年後には金利の1万円をプラスした合計11万円を返済しなければならないのです。

この金利の面を注意点としてお金を借りておけばカードローン等は持っていて心強い存在になるのです。

こういった注意点はローンの契約書面にも書いてありますので、借りた際にはきちんと読んでおくことも大切です。

初めてお金借りるけど母子家庭は審査の難度が高いの?

消費者金融は急にお金が必要になったときや、生活費に困ったときなどに即日融資を受けることができるので、とても便利に利用することができますが、急にお金が必要になるのは誰にでもあることです。

特に母子家庭の場合は生活全般に不安を抱えている傾向があり、一般家庭よりも経済状況が厳しいといえます。
母子家庭で初めてお金借りる人は審査に通るのか、また審査の難度は高くなるのかと心配される人も多いですが、母子家庭であっても審査に影響することはないといえます。
消費者金融は世の中のイメージや私情を挟まず審査を行うため、一般家庭と同様に審査を受けることができます。

一般家庭よりも経済的に苦しいというイメージが先行してしまいますが、最近では母子家庭であってもキャリアウーマンが増えてきているので、経済的に自立しているというケースも多いのです。

たとえ年収が低くても、安定した収入が継続的にあるのであれば審査をクリアできる可能性が高いので、初めてお金借りるのなら先ずは審査にトライしてみることをおすすめします。

初めてお金借りるけど不安!会社役員でも借入れできる?

消費者金融は急に資金が必要になったり、手持ちのお金だけでは次の給料日まで生活が苦しいといった場合に即日融資を受けることができるので便利に利用できますが、初めてお金借りる際に会社役員の役職名などに関係なくお金を借りることができるのかと悩んでいる人もいるでしょう。

消費者金融でお金を借りるための条件とは安定した収入があることが必須条件となっていますので、会社役員でも安定して収入を得ているのであれば利用することが可能です。
審査には本人確認書類を掲示しなければいけませんが、役職など細かく記載する必要はありません。

年収を証明する必要がある場合には役職手当などが証明できる書類を提出することも求められますが、借入限度額がアップするので有利に働く可能性が高くなります。

会社役員の場合は社会的な責任も高くなりますので、初めてお金借りるときには躊躇してしまいがちですが、役職があることで審査に不利になることはいっさいないので、安心して申し込むことができます。

初めてお金借りるけど日雇い労働者でも借入れできる?

急にお金が必要になったり、手持ちのお金だけでは給料日まで生活していくことができないという時に消費者金融を利用することでお金のピンチから抜け出すことができますが、お金が必要になるのは職業問わず誰にでもあることで、これは日雇い労働者も同様です。
初めてお金借りることを検討している人は、自分は日雇い労働者だから借り入れすることができないと諦めてしまう人もいますが、日雇い労働者でも収入があるとみなされる為、消費者金融からお金を借りる事はできるのです。

総量規制が施行されてから無職の人や専業主婦の方は借入れができなくなってしまいましたが、日雇い労働者の方でも収入はありますので年収の3分の1まで融資を受けることができるのです。

初めてお金借りるなら、先ずはできるだけ低めの金額を記入することをおすすめします。
初めから高額の希望額を記載してしまうと、それだけで審査にはじかれてしまう可能性がありますので本当に必要な金額だけを記入することで審査に受かる可能性も高くなります。

自営業の方が事業規模を拡大したいので初めてお金借りるときは

商店街などで自営業をしている人の中には、もっとお店を大きくしたり、店舗を増やすなどして事業規模を拡大したいと考えている方もあるでしょうね。
しかしそれには相当な資金が必要なので、よほどの貯金がなければ実行に移すことは出来ないでしょう。

自営業の方が事業規模を拡大したいときは、キャッシングを利用するのがおすすめなので、初めてお金借りるときは出来るだけ金利が低くて、無利息期間のあるローン会社を選ぶようにしてください。

低金利のローン会社からキャッシングをすれば、返済が長引いてもそれほどたくさん利息が付かないので、途中で返済に行き詰まることも少なく、ゆったりとした気持ちで返していくことが出来ます。

また初めてお金借りる人に限り、30日間の無利息期間サービスを行っている会社もありますから、そんなところから借りれば、さらに返済額を抑えることが可能です。

無利息期間中は一切利息が付かないので、非常にお得な気持ちになれますから、これからキャッシングする方は利用するようにしましょう。

初めてお金借りるけど失業者でも借入れできる?

消費者金融はいざという時に審査も迅速で、即日融資が可能なのでお金に困ったときに強い味方になりますが、これから消費者金融で初めてお金借りる人にとっては疑問や不安はあるものです。

消費者金融でお金を借りるためには、審査を通過する必要がありますが、この審査基準は安定して収入があることが必須条件となっています。

しかし不況の煽りを受けてリストラされてしまった失業者も少なくはなく、失業中は収入も入ってこないためやはりお金が必要になる場面も増えてきます。

失業者でも審査をクリアできる可能性があるのかというと、現実的には厳しいでしょう。
一定の継続的な収入がないと返済していくことができないので、無収入の人に融資をすると消費者金融側が大きなリスクを背負うことになるからです。

いざ仕事を探そうとしてもこのご時世ではなかなか職に就くことが困難なので、失業者の方が初めてお金借りるなら先ずはパートやアルバイトから始めてみると良いでしょう。
パートやアルバイトでも立派な収入として認められますので、消費者金融で借り入れをすることができます。

初めてお金借りるけど休職中でも融資可能?

手持ちのお金だけでは今月の生活をやりくりすることができないという時や、急に資金が必要になった時は消費者金融で借入れすることでピンチを凌ぐことができますが、お金が必要になる場面というのは誰にでもあることです。

特に病気や怪我などの理由から現在は休職中だという人は、さらにお金が必要になることが多いものです。

初めてお金借りる人は、休職中だから融資を受けられないと諦めてしまう人も多いのですが、多少審査が厳しくなるものの、絶対に落ちるわけではないのです。
休職中でも給与が支給されていたり、また復職の目途が立っていたり、副業の収入があれば審査に通る可能性があります。

しかし、申し込みの時点では必ず休職中であることを申告しておくことが大切です。
また副収入といってもギャンブルなどで作ったお金は対象になりませんので注意が必要です。

融資を受けたいからといって下手に隠してしまうと、融資を断られる可能性があるので、初めてお金借りる際には何事も正直になるのが大切なポイントです。

初めてお金借りる方は事故判断ができませんが

一般的にキャッシングからお金を借りる場合には信用情報を参照して事故判断をし、融資の可否を決めます。

しかし事故判断ができるのは過去にお金を借りたことのある人だけです。
初めてお金借りる場合には過去の情報がないために事故判断ができないのですが、どのようにして信用調査をするのでしょうか。

信用情報以外の属性などで判断をします。
例えば年齢や収入、結婚をしているかどうかや今の住居に暮らしている年数や勤務年数です。収入はもちろん多い方がいいですし勤務年数も長い方が有利です。貸し倒れのリスクが少なくなるからです。

また職種も考慮されます、公務員や正社員や団体職員などは信頼度が高いのですが自由業などは信頼が低く設定されてしまいます。

ただ過去に借り入れが無いということは信頼もありませんので初めてお金借りる場合には、限度額が少なく設定されることもあるので注意してください。
一度借り入れをし、きっちりと返済さえすればホワイト情報となり今後は限度額を高くすることも可能です。

初めてお金借りる際に知っておきたい審査落ちしやすい職業とは?

消費者金融で初めてお金借りる時には、分からないことが沢山ありますね。初めに申し込み手続きを行いますが、消費者金融業者のホームページから仮審査を受けることができます。申し込み手続きをしても審査に通らなければ融資を受けることはできません。

初めてお金借りる時にカードが発行されるので、そのカードを持っていればいつでもお金が借りられるようになります。

基本的には職業を持っていて定期的に収入がある方なら審査は通りやすいでしょう。
反対に審査落ちしやすい場合というのは、専業主婦や決まった職業に就いていない方等が挙げられます。

また、別の消費者金融業者から借入して返済が滞っている方も審査落ちしやすいでしょう。

正社員として働いている方だけでなく、パートやアルバイトといった雇用形態でも審査に通る可能性は高いですが、審査の時には勤続年数がチェックされるでしょう。働き始めてから1ヶ月や2ヶ月程度では、場合によっては通らない可能性もあります。

初めてお金借りる際に公共料金の滞納は審査に影響があります

皆さんはキャッシングをされたことがありますか、またこれからキャッシングローンの手続きを取ろうとしている方はいませんか。

以前と比べて多くの方がキャッシングを利用されるようになりました。その証拠に最近では、インターネットはもとより、電車の中吊り広告、雑誌、テレビのコマーシャル等でキャッシングについての宣伝を目にします。

キャッシングは借入、返済、滞納、自己破産などというキーワードであまり良いイメージを持たれていませんでしたが、好感度のあるタレントやアイドルをコマーシャルに起用したり、企業の明瞭性が出てきたことで次第に受け入れられるようになりました。とはいえ、審査は依然、厳しく、たとえ携帯やパソコンから簡単に手続できるようになっても公共料金の滞納などを行う人はブラックリストに載るため初めてお金借りる際には影響が出ます。

初めてお金借りる方の情報はどうしても専門ルートにて照会されることとなり、生活する上で基本となる公共料金の滞納となると非常に厳しい目で見られるので注意が必要です。